障壁(バリア)の設定

障壁パターンコードを生成

  1. サイトに実装する障壁の設定を行います。ランダム生成か個別指定を選んでください
  2. 「障壁パターンコードを生成」のボタンを押すと、障壁パターンコードがこのページのtextareaに出力されます
  3. 「サイトを生成する」を押すことで、設定に応じたサイトが生成されます
  4. 設定したバリアを使いまわしたい時には、この障壁パターンコードを保存しておいてください。ふたたびこのページのtextareaに貼付することで、おなじ障壁を再現できます
1.1.1 非テキストコンテンツ
  • 1.1.1a
  • 1.1.1b
  • 1.1.1c
1.2.1 音声のみ及び映像のみ (収録済)
  • 1.2.1a
  • 1.2.1b
1.2 時間依存メディア
  • 1.2
1.3.1 情報及び関係性
  • 1.3.1a
  • 1.3.1b
  • 1.3.1c
  • 1.3.1d
  • 1.3.1e
1.4.1 色の使用
  • 1.4.1a
  • 1.4.1b
1.4.2 音声の制御
  • 1.4.2
1.4.3 コントラスト (最低限)
  • 1.4.3
  • 1.4.3b
  • 1.4.3c
  • 1.4.3d
1.4.4 テキストのサイズ変更
  • 1.4.4a
1.4.5 文字画像
  • 1.4.5a
  • 1.4.5b
2.1.1 キーボード
  • 2.1.1a
  • 2.1.1b
2.1.2 キーボードトラップなし
  • 2.1.2
2.2.1 タイミング調整可能
  • 2.2.1a
2.2.2 一時停止、停止、非表示
  • 2.2.2
  • 2.2.2a
  • 2.2.2b
  • 2.2.2c
2.4.1 ブロックスキップ
  • 2.4.1
  • 2.4.1b
2.4.2 ページタイトル
  • 2.4.2
2.4.3 フォーカス順序
  • 2.4.3
2.4.5 複数の手段
  • 2.4.5
2.4.6 見出し及びラベル
  • 2.4.6a
2.4.7 フォーカスの可視化
  • 2.4.7
3.1.1 ページの言語
  • 3.1.1
3.1.2 一部分の言語
  • 3.1.2a
3.2.1 フォーカス時
  • 3.2.1
3.2.2 入力時
  • 3.2.2a
3.2.3 一貫したナビゲーション
  • 3.2.3
3.2.4 一貫した識別性
  • 3.2.4
  • 3.2.4b
3.3.2 ラベル又は説明
  • 3.3.2
  • 3.3.2b

障壁パターンコードがある場合

駒瑠市〜アクセシビリティ上の問題の体験サイト〜のトップページ