一般的ではない用語

解説

一般的でない難しい用語(技術語、業界用語、言語特有の慣用句、リート語)は、その定義を参照できるようになっていることが望ましいです。Understandingの例では、「匙を投げる」が「スプーンを投げる」という意味でない事例を挙げていますが、こういった言葉に逐一注釈をしていくというよりも、そもそも難しい言葉を避けるという対応が求められていると考えたほうがシンプルかもしれません。

ちなみに「リート語」とは英語圏のインターネットスラングで、「Leet」と表記しますが、これ自体「1337」というリート語表現があります。

原則 理解可能 情報及びユーザインタフェースの操作は理解可能でなければならない。
ガイドライン 読みやすさ テキストのコンテンツを読みやすく理解可能にすること。
達成基準 一般的ではない用語
(3.1.3 AAA)
慣用句及び専門用語を含めて、一般的ではない、又は限定された用法で使われている単語、又は語句の、明確な定義を特定するメカニズムが利用できる。

達成方法集のURL