要求による変化

解説

状況になんらかの変化を起こしうる操作は利用者によって全て制御可能になっていることが望ましいです。

もし、なんらかの理由で、状況になんらかの変化を自動的に起こすような振る舞いがあったとしても、利用者に変化を伝え、利用者がその変化を止めることができるようにする必要があります。

リンクをクリックしたら、自動的に新しいタブ(ウィンドウ)を開くような実装をしてしまうと、利用者にとっては、自らの要求による変化でないので、NGになります。こういった実装が必要な場合は、あらかじめ「あたらしいタブを開くこと」を利用者に通知するようにしてください。

原則 理解可能 情報及びユーザインタフェースの操作は理解可能でなければならない。
ガイドライン 予測可能 ウェブページの表示や挙動を予測可能にすること。
達成基準 要求による変化
(3.2.5 AAA)
コンテキストの変化は利用者の要求によってだけ生じるか、又は、そのような変化を止めるメカニズムが利用できる。

達成方法集のURL