ラベル又は説明

解説

利用者にフォームによる入力を求める際、どこに何を入力すべきなのか、わかりやすく情報提供してください。プログラムに解釈できる方法で提供することであればなおよい。具体的には<label>要素で各フォーム要素と関連付けることで、視覚障害者にとっても利用しやすいフォームを作ることができます。

また、説明や入力の事例などの掲載も好ましいですが、やりすぎるとかえって邪魔になるので、簡潔にするようにしてください。

必須項目がある場合は、なにが必須項目であるのか、わかりやすく情報提供してください。

なお、説明文や入力時の例を書く際は、入力欄より前に記載しておく方が、線形的に情報取得しているスクリーンリーダの利用者にとって、間違いが少ないです。

ここで言われているラベル又は説明は、場合によっては、入力対象の付近で、可視状態であることを求めます。極端に画面を拡大している利用者にとっては、遠くにある説明文は読めない場合があります。

原則 理解可能 情報及びユーザインタフェースの操作は理解可能でなければならない。
ガイドライン 入力支援 利用者の間違いを防ぎ、修正を支援すること。
達成基準 ラベル又は説明
(3.3.2 A)
コンテンツが利用者の入力を要求する場合は、ラベル又は説明文が提供されている。

達成方法集のURL