構文解析

解説

ウェブコンテンツを記述するマークアップ(HTML)に誤りがないようにしてください。

このアクセシビリティチェッカーの解析以外にもMarkup Validation Serviceなどを活用すると良いです。

原則 堅牢性 コンテンツは、支援技術を含む様々なユーザエージェントが確実に解釈できるように十分に堅牢 (robust) でなければならない。
ガイドライン 互換性 現在及び将来の、支援技術を含むユーザエージェントとの互換性を最大化すること。
達成基準 構文解析
(4.1.1 A)
マークアップ言語を用いて実装されているコンテンツにおいては、要素には完全な開始タグ及び終了タグがあり、要素は仕様に準じて入れ子になっていて、要素には重複した属性がなく、どの ID も一意的である。ただし、仕様で認められているものを除く。

達成方法集のURL